しっかりと覚えておいた方が良いのは…。

太り過ぎ・痩せ過ぎの双方共に、死亡率が上昇することが明らかになっています。自分に合った体重を認識して、規律のある生活と食生活を守り通して、その体重をずっと維持することが、生活習慣病の予防に繋がるはずです。
誰だって栄養を必要量摂取して、疾病を心配することがない暮らしを送りたいのではないですか?それ故に、料理をするだけの時間があまりない人にも役立つように、栄養を簡単に摂取することが期待できる方法をお見せします
「足りない栄養はサプリで補填しよう!」というのが、大国の人々の意見のようです。だとしても、どれだけサプリメントを摂取したところで、必要不可欠な栄養を摂り込むことは不可能だというわけです。
しっかりと覚えておいた方が良いのは、「サプリメントは医薬品には入らない」という事実です。いくら素晴らしいと言われるサプリメントでも、三回の食事そのものの代替品にはなれないと断言します。
ローヤルゼリーと言うのは、それほど採集できない価値のある素材だと言えます。人の手が加わった素材とは違いますし、自然素材であるにもかかわらず、何種類もの栄養素を保持しているのは、はっきり言ってすごい事なのです。

生活習慣病については、66歳以上の要介護の元凶とも言われているので、健康診断をやって「血糖値が高い」等の数値が認められる人は、一刻も早く生活習慣の再考に取り掛からないといけません。
普通体内に存在する酵素は、2種類に類別することができるのです。口に入れたものを必要な大きさに分解して、栄養にチェンジしてくれる「消化酵素」と、それとは別の「代謝酵素」という分類です。
食品から栄養を体に取り込むことが無理だとしても、健康食品を摂れば、手間を掛けることなく栄養を満たすことが可能で、「美しさと健康」に手が届くと決めてかかっている女性陣は、想像以上に多くいるのだそうですね。
仮に黒酢が素晴らしい効果を保有しているからと言いましても、何しろ大量に飲んだら効果も大きいというわけではないのです。黒酢の効果・効能が最大限に作用してくれるのは、量的に申しますと0.03lがリミットだとされているようです。
「ローヤルゼリーが含有しているデセン酸は、インスリンに似た効能があり、Ⅱ型に認定された糖尿病の予防や進行を遅くしてくれることが、ここ最近の研究により明確にされたのです。

青汁というものは、昔から健康飲料だとして、日本国民に愛飲され続けてきたという実績もあるのです。青汁と来れば、元気に満ちたイメージを抱かれる人も多いはずです。
便秘というのは、日本人固有の現代病だと呼ぶことができるのではと思っています。日本国民につきましては、欧米人と見比べてみて腸の長さが異常に長くて、それが悪影響を及ぼして便秘になりやすいと言われることが多いようです。
疲れを癒す睡眠を確保したいなら、乱れた生活スタイルと改善することが必要不可欠だと明言する方が少なくないようですが、それとは別に栄養を確保することも大切なのは当然です。
サプリメントに分類されるものは、医薬品とは異なって、その用途ないしは副作用などの試験は満足には実施されていないものがほとんどです。しかも医薬品との見合わせるような場合は、要注意です。
現代では、多種多様なサプリメントとか栄養機能食品が知れ渡っておりますが、ローヤルゼリーのように、いろいろな症状に効果的な健康食品は、正直言ってないと言えます。便秘解消法

血液を滑らかにする効能は…。

ローヤルゼリーと言いますのは、極少量しか採集できない素晴らしい素材ということになります。機械的に作った素材ではないですし、自然界で取ることができる素材であるのに、いろんな栄養素が含有されているのは、正直言って賞賛すべきことなのです。
血液を滑らかにする効能は、血圧を低減する働きとも密接な関係にあるものですが、黒酢の効能だとか効果の点からは、最も有用なものだと考えられます。
どのような人でも、キャパを超えるストレス状態に陥ってしまったり、毎日ストレスを受ける環境で生活することを余儀なくされたりすると、それが主因となり心や身体の病気が発生することがあると聞いています。
「元気な俺には生活習慣病など無関係」などと豪語しているあなたにしても、デタラメな生活やストレスの為に、身体はちょっとずつ劣悪化しているかもしれませんよ。
食事から栄養を補給することができないとしても、健康食品を摂食すれば、手間なしで栄養を充足させることができ、「美しさと健康」に手が届くと信じている女性が、想像以上に多いということです。

ストレスに見舞われると、諸々の体調異常が現れますが、頭痛も顕著な例です。ストレスが誘因の頭痛は、日頃の生活に影響を受けているものなので、頭痛薬に頼ろうとも痛みは治まりません。
20歳前後という人の成人病が例年増加していて、この病の原因が年齢だけにあるのではなく、日頃の暮らしの中の諸々の部分にあるというわけで、『生活習慣病』と呼ばれる様になったのだそうです。
殺菌作用が認められていますので、炎症をブロックすることに効果を見せます。少し前から、日本においても歯医者の先生がプロポリスの消炎パワーにスポットライトを当て、治療時に取り入れているとも聞いています。
健康食品に類別されているものは、3食摂っている食品と医療品の両者の性質を持つものと考えることが可能で、栄養の補充や健康保持を目的に利用されることが多く、普通の食品とは違う形状をした食品の総称だとされています。
それぞれの発売元が努力したお陰で、小さい子でも美味しく飲める青汁がたくさん販売されております。そういうわけで、今日ではあらゆる世代において、青汁を買い求める人が増加していると言われています。

プロポリスを選ぶ際にチェックしたいのは、「どこの国から輸入されたものか?」ということです。プロポリスは全世界で収穫されているわけですが、国によって成分構成にちょっと違いが見受けられます。
便秘で困り果てている女性は、凄く多いとの報告があります。どんな理由で、それほど女性は便秘になるのでしょう?反面、男性は胃腸を壊してしまうことが少なくはないとのことで、下痢で苦労している人も多いと教えられました。
サプリメント以外にも、何種類もの食品が見受けられる近年、買い手側が食品の特質を把握し、個人個人の食生活に有益になるように選定するためには、的確な情報が求められます。
健康食品につきましては、法律などで明らかに定義されてはおらず、大体「健康増進に寄与する食品として服用されるもの」と言われることが多く、サプリメントも健康食品のひとつです。
体につきましては、外部刺激と言われるものに対して、全部ストレス反応を引き起こすわけではないそうです。そうした外からの刺激が各人のキャパをしのぎ、どうすることもできない場合に、そのようになるのです。

「黒酢が疲労回復に有効なのは…。

もはや色々なサプリメントや健食が知れ渡っていますが、ローヤルゼリーみたく、いろんな症状に作用する栄養成分は、今日までにないと言っても間違いありません。
サプリメントに類別されるものについては、医薬品とは異なって、その目的や副作用などの細かなテストまでは十分には行なわれていないものが大半です。それに加えて医薬品と併用するという場合は、注意しなければなりません。
体をほぐし正常化するには、体内に留まっている不要物質を取り去り、不十分な栄養素を摂ることが大切になります。“サプリメント”は、それを叶えるための補助的なものだと考えていいでしょうね。
好き勝手な生活を改善しないと、生活習慣病に見舞われてしまう可能性が高くなりますが、更に別の重大な原因として、「活性酸素」があるそうです。
理想的な睡眠を取ろうと思うなら、日頃の生活を正常化することが重要だと明言する人もいるみたいですが、これ以外に栄養を食事の中で摂り込むことも不可欠だと断言します。

青汁に決めれば、野菜が秘めている栄養成分を、超簡単に即行で摂り込むことができますから、日頃の野菜不足をなくすことができるわけです。
今の時代、いろんなメーカーが多種多様な青汁を市場に流通させています。一体何が異なるのか見当がつかない、あまりにも多すぎて選別できないと仰る人もいらっしゃることでしょう。
殺菌効果がありますから、炎症を抑制することが望めます。近頃では、日本においてもデンタルクリニックの先生がプロポリスの消炎パワーにスポットライトを当て、治療の途中に利用しているとも聞いています。
プロポリスを買う際に意識したいのは、「どこの国から輸入されたものか?」ということだと考えます。プロポリスは世界的な規模で採集されているのですが、国によって成分構成が少々違っているわけです。
老若男女を問わず、健康にもお金を払うようになってきたようです。そのことを証明するかのごとく、『健康食品(サプリ)』と称される食品が、諸々マーケットに出回るようになってきたのです。

脳に関しては、睡眠中に体全体の機能を恢復させる命令や、連日の情報整理をする為に、朝になると栄養が足りない状態だと言えるのです。そして脳の栄養となるのは、糖だけというわけです。
「黒酢が疲労回復に有効なのは、乳酸を減らしてくれるから」と教えられることも多いわけですが、現実には、クエン酸ないしは酢酸による血流改善が良い結果を齎しているのだそうです。
いくら黒酢が秀でた効果を保持しているからと言いましても、やたらと取り入れたら効果も大きいというわけではないのです。黒酢の効果・効用が最大限に作用してくれるのは、量的に30ccが上限だと言えます。
「便秘が治らないことは、非常にやばいことだ!」と思う必要があるのです。常日頃から食事とか軽いスポーツなどで生活を計画されたものにし、便秘とはオサラバできる生活スタイルを形作ることがホントに大事になってくるのです。
ストレスで一杯になると、多岐に亘る体調異常が出てくるものですが、頭痛も代表的な症状だと言えます。ストレスが原因の頭痛は、日々の習慣が関係しているものなので、頭痛薬を飲んでみても治ることはありません。

できたら栄養を必要量摂取して…。

サプリメントと言いますのは、元来持っている治癒力や免疫力を上げるといった、予防効果を主目的とするためのもので、位置的には医薬品の中には入らず、野菜などと同じ食品だということです。
「黒酢が疲労回復に有効なのは、乳酸を取り去ってくれるから」と解説されることも多々ありますが、本当のところは、クエン酸ないしは酢酸による血流改善が良い結果に繋がっているということが証明されています。
脳と言いますのは、眠っている時間帯に身体全体を回復させる指令とか、連日の情報を整理したりしますので、朝を迎えると栄養がほとんどない状態になっているのです。そして脳の栄養となるのは、糖だけになるのです。
体については、外部からの刺激に対して、何もかもストレス反応が見られるわけではないことを知ってください。そういった外部刺激というものが個人個人の能力を上回り、対処しきれない場合に、そのようになるのです。
新たに機能性表示食品制度がスタートされたのを機に、保健機能食品市場が賑わいを見せています。健康食品は、たやすく手にすることができますが、服用の仕方を誤ると、体に悪影響が及びます。

体の疲れをいやし健やかな状態に戻すには、体内にある不要物質を取り去って、不十分な栄養素を摂り込むことが大事になってきます。“サプリメント”は、それを叶えるための補助的なものだと言ってもいいでしょう。
例外なしに、リミットをオーバーするストレス状態に晒され続けたり、24時間ストレスがかかる環境で育てられたりすると、それが主因となり心や身体の病気が発現することがあるそうです。
このところ、人々が健康にお金を掛けるようになったと聞いています。そのことを裏付けるかのごとく、『健康食品(サプリメント)』というものが、何だかんだと見掛けるようになってきました。
色々販売されている青汁群の中より、自分にふさわしい製品を選び出す時には、大事なポイントがあるわけです。それと言いますのは、青汁に何を望むのかを明確化することです。
便秘が続いたままだと、憂鬱になってしまいます。何をやろうにも気力が出ませんし、何よりお腹が苦しくてしょうがない。しかしながら、そうした便秘とサヨナラできる信じられない方法というのがありました。早速挑んでみてください。

バランスまで考慮された食事は、無論のこと疲労回復には必要条件ですが、その中でも、一際疲労回復に力を発揮する食材があるのですが、ご存知ですか?なんと、馴染みのある柑橘類だそうです。
今日この頃は、さまざまな健康関連商品のメーカーがオリジナリティーある青汁を売っております。何処がどう違っているのかハッキリしない、数が多すぎて決めかねると感じる人もいらっしゃるでしょう。
できたら栄養を必要量摂取して、健康的な暮らしを送りたいですよね。なので、料理をするだけの暇がほぼない人にも参考にしていただけるように、栄養を容易に摂り込むことができる方法をお教えします。
ローヤルゼリーを摂り込んだという人にアンケートを取ってみると、「何の効果もなかった」という人も多いようですが、その件に関しては、効果が発揮されるようになる迄続けて摂らなかったというだけだと断言します。
便秘で頭を悩ましている女性は、予想以上に多いとのことですどういう訳で、こんなにも女性は便秘に苦しまなければならないのか?裏腹に、男性は消化器系が弱いことが多いらしく、下痢に見舞われる人も多いと言われているそうです。

いつも便秘気味だと…。

最近は健康指向が広まり、食品分野を見ても、ビタミン類というような栄養補助食品だったり、減塩系の健康食品の売上高が進展しているらしいです。
銘々で生み出される酵素の総量は、生誕時から限定されていると公表されています。現代の人々は体内酵素が不足するきらいがあり、進んで酵素を身体に取りいれることが重要です。
身体の疲れをほぐし健全な状態に戻すには、身体内にある不要物質を取り去り、不足気味の栄養成分を摂取することが必要だと言えます。“サプリメント”は、それを叶えるための補助的なものだと考えるべきですね。
いつも便秘気味だと、気分も晴れません。全力で事に当たれませんし、なかんずくお腹が張って見苦しい。しかしながら、こうした便秘にならずに済む信じられない方法を見つけました。是非お試しください。
疲労と呼ばれているものは、身体とか精神に負担であるとかストレスが与えられて、何かをしようとする際の活動量が低落してしまう状態のことを指すのです。その状態を元の状態に戻すことを、疲労回復と称します。

バランスが考慮された食事であるとか計画的な生活、スポーツなどをすることも重要ですが、実は、この他にも人間の疲労回復に役立つことがあると教えられました。
年齢が高くなればなるほど太ってしまうのは、体全体に存在する酵素量がダウンして、基礎代謝が落ちるからです。基礎代謝量を増やすことを謳った酵素サプリを見ていただきます。
銘記しておくべきだと思うのは、「サプリメントは医薬品ではない」という現実でしょう。どんなに人気のあるサプリメントだとしても、3度の食事そのものの代替品にはなり得ません。
プロポリス独自の抗酸化作用には、老化のファクターと考えられている活性酸素の動きを低レベル化する効果も含まれますので、抗老齢化にも好影響を及ぼし、健康と美容に興味が尽きない方には一番合うのではないでしょうか?
食品は、消化器官を進んでいく途中に、その器官の消化液内に潜んでいる消化酵素の作用で分解され、栄養素へと大変身を遂げて体内に吸収されると聞きました。

酵素に関しては、体内に取り入れたものを最終的な大きさに分解して、体に必須の栄養素を吸収したり、栄養素を活用して、身体中の細胞を創造したりするわけですね。この他には老化防止にも効き目があり、免疫力を強化する働きもしているのです。
「排便できないことは、尋常ではないことだ!」と考えなければなりません。常日頃から食べるものであったり運動などで生活を計画的なものにし、便秘になるはずのない生活様式を形づくることが極めて重要だということですね。
健康食品について調べてみますと、現に結果が出るものもたくさんありますが、逆に科学的裏付けもなく、安全性はどうなのかも危うい劣悪品もあるようです。
いつもの食事から栄養を体に取り込むことが無理でも、サプリを飲んだら、手間を掛けることなく栄養を満たすことが可能で、「美&健康」を得られると思い違いしている女性達が、ビックリするぐらい多いとのことです。
便秘に関して言えば、日本国民の現代病と呼んでもいいのではありませんか?日本国民独自の身体的特質として、欧米人と比較すると腸が長い人種で、それが響いて便秘になりやすいらしいですね。

黒酢は脂肪を燃やすばかりか…。

疲労回復が望みなら、何より実効性ありとされているのが睡眠なのです。睡眠中に、活動している時消耗している脳細胞は一息つけ、各組織の疲労回復とターンオーバーが図られるのです。
パスタもしくはパンなどはアミノ酸をそんなに多く含んでいないし、米と合わせて食べることはないので、肉類であるとか乳製品を意識的に摂り込めば、栄養も補填できますから、疲労回復に役立つと思います。
口にした物は、消化器官を進行中に、その器官の消化液内に潜む消化酵素の営みで分解され、栄養素へと大きく変わって体内に吸収されると教えて貰いました。
ローヤルゼリーは、極少量しか採集できない価値のある素材だと言えます。科学的に作った素材とは違いますし、自然界に存在する素材なのに、潤沢な栄養素を秘めているのは、本当に驚くべきことなのです。
「クエン酸と聞くと疲労回復」と発してしまうほどに、クエン酸の効果・効用として多くの方々に周知されているのが、疲労感を少なくして体調を正常化してくれることです。なぜ疲労回復に効果的なのでしょうか?

健康に良いからとフルーツあるいは野菜を買い求めてきたのに、余ってしまい、仕方なしに生ごみとして捨てることになったみたいな経験があると思います。そのような人にもってこいなのが青汁なのです。
黒酢は脂肪を燃やすばかりか、筋肉の補強を手伝います。端的に言いますと、黒酢を摂り込めば、体質そのものが太りづらいものになるという効果と体重を落とせるという効果が、双方得られると言っても間違いありません。
ストレスでデブになるのは脳機能と関係があり、食欲をセーブしきれなくなったり、デザートを口に入れたくてしょうがなくなってしまうのです。太るのは絶対イヤと言う人は、ストレス対策が欠かせません。
多忙な現代人にとっては、摂取すべき栄養素を食事だけで補給するのは困難でしょう。そのような事情から、健康に自信のない人達の間で、「サプリメント」が大人気なのです。
家庭でのお食事から栄養を補給することが無理でも、サプリメントを飲めば、手間いらずで栄養を補足することが可能で、「美&健康」を手にできると決めてかかっている女性陣は、ビックリするぐらい多いと聞かされました。

心に刻んでおいてもらいたいのは、「サプリメントは医薬品には入らない」ということです。どんなに売れ筋のサプリメントでも、食事そのものの代わりにはなるはずもありません。
「排便できないことは、とんでもないことだ!」と解したほうが賢明なのです。普段よりウォーキングだったり口に入れるものなどで生活を規則的なものにし、便秘とは完全無縁のライフスタイルを作り上げることが本当に重要だと言えるわけですね。
白血球の数を増やして、免疫力を強くする作用があるのがプロポリスであり、免疫力をパワーアップすると、がん細胞を消去する力も強くなるというわけなのです。
身体については、外部刺激に対して、100%ストレス反応を見せるわけではないとされています。そのような刺激そのものがそれぞれの能力より強力で、手の打ちようがない時に、そうなるのです。
健康食品というのは、一般的な食品と医薬品の中間にあるものと言えなくもなく、栄養成分の補填や健康維持を目標に服用されるもので、一般食品とは違った形をした食品の総称だと言っていいでしょう。

年と共に脂肪が増えるのは…。

健康食品については、どちらにせよ「食品」であり、健康でいるためのアイテムの一つだと考えていいでしょう。そんなわけで、それだけ摂っていれば、今以上に健康になれるというのではなく、健康維持のための常備薬的なものと考えた方が良いでしょう。
消化酵素と言いますのは、摂ったものを体が吸収可能なサイズになるまで分解する機能があります。酵素が潤沢だと、食品は調子良く消化され、腸の壁から吸収されるわけです。
年と共に脂肪が増えるのは、身体内の酵素の量が少なくなって、基礎代謝が下がるからです。基礎代謝を上伸させることを狙える酵素サプリをご提案します。
便秘というものは、日本人の身体的特徴からくる現代病と考えてもいいのではないですか?日本人については、欧米人と照らし合わせてみて腸がかなり長めで、それが原因で便秘になりやすいと考えられているそうです。
酵素は、特定の化合物に対してのみ作用するという特徴があります。その数は概算で3000種類にのぼるらしいですが、1種類につきただの1つの所定の機能を果たすのみとのことです。

殺菌作用を有しているので、炎症を抑制することが望めます。近頃では、日本全国の歯科医院プロポリスが持っている消炎機能に目を向け、治療をする際に使用しているという話もあります。
栄養を確保したいのなら、日常の食生活を充実させることが先決です。いつもの食生活で、足りない栄養分を補充する為のものが健康食品であり、健康食品のみを食していても健康になるものではないと言えます。
プロポリスに見られる抗酸化作用には、老化の要因である活性酸素の役割をブロクする効果も含まれますので、抗老齢化に対しても期待ができ、健康と美容に関心を持っている人にはイチオシです。
サプリメントは健康維持に寄与するという部分からすれば、医薬品と似ているイメージがしますが、実際は、その位置付けも認定の仕方も、医薬品とは完璧に異なります。
酵素と申しますのは、体内に摂り込んだものを細かく消化分解して、身体になくてはならない栄養素を吸収したり、栄養素を用いて、体中の細胞を作り上げるのです。且つ老化防止にも寄与し、免疫力を高める作用もあると言われているのです。

今日この頃は、いくつもの健康食品メーカーが特色ある青汁を世に出しています。それぞれの違いは何なのかさっぱりわからない、いろんな種類があって決めることができないと仰る方もいるのではないでしょうか。
健康食品に関しましては、あくまでも「食品」であり、健康増進に貢献するからといって、医薬品と見紛うような効用を標榜することがあったら、薬事法に反することになって、業務停止であるとか、場合により逮捕に追い込まれてしまいます。
「足りない栄養はサプリで補填しよう!」というのが、超大国の国民の多くの意見です。だけども、いくらサプリメントを摂取しても、生命維持に必要な栄養を摂りいれることは不可能だというわけです。
ここ数年健康に対する意識が高まって、食品分野を鑑みても、ビタミン類といった栄養補助食品や、塩分が抑えられた健康食品の売上高が進展し続けていると聞かされました。
常日頃から物凄く忙しいと、寝る準備をしても、どうしても眠りに就くことができなかったり、寝たり目覚めたりを繰り返す為に、疲労感に苛まれるなどといったケースが多々あることと思います。

気ままな一人暮らしで困ったこと

学校を卒業して社会人になり、実家を離れて一人暮らしをすることになりました。 一番先に困ったことは、朝起きることです。 朝、必ず一人で確実に起きなければならないというプレッシャーは相当なものでした。 それまでも学校に遅れないように行くためや、アルバイトに間に合うためなど、 自分で目覚ましをかけて予定の時間に起きると言うことは普通にありましたが、 会社に遅れないために、毎朝、自分一人で、 必ず、確実に起きなければならないというのは本当に相当なプレッシャーでした。

まずケータイでアラームを時間をずらして3つかけて、 最後に強烈なベル音の目覚まし時計をセットしておきました。 大抵は目覚まし時計の強烈なベルは聞かずに済んだのですが、 たまに前日に飲まされたり疲れがたまっていたりすると、 目覚ましでハッと飛び起きることもありました。 それでも一度、朝寝坊をしたことがありました。 目が覚めたときにはもう会社の近くについていないといけない時間で、 ぼーっとした頭でそれがわかったときの絶望感はとても大きかったのを覚えています。

もう仕方ないと思い、でも新入社員で遅刻というのもバツが悪かったので、 自分の部署に電話をして上司に「コンタクトを落としてしまって今探しているので少し遅れます」 と嘘をつきました。 我ながらいい嘘だったと思います。 今は一人暮らしにも慣れて、そういう失敗はなくなりましたが、 一人の気楽さと引き替えに責任を全部おうというのは大変なことだと思いました。

一人暮らしで分かる家族や人のあたたかさ

一人暮らしは、やはりメリットとデメリットがあると思います。 一人暮らしは気楽ですが、やはりひとりというものは寂しいものです。 また、何か困ったことがあったときや、病気のときは特に、ひとりって辛い・・・と思います。 電球を替えたり、高いところの何かを修理したり、これまで当然のように父親や、 他のだれかにやってもらっていたことを、ひとりでやらなければいけなくなるのですから、 それは大変です。

苦手なことも、自分しかいないのですから、やらなければいけません。 家事や、家計の管理、ご近所との付き合い、税金の支払い関係などもそうです。 私も最初は大変でした。

一人暮らしの気楽さに伴うデメリットは必ずあります。 でも、私にとってひとつ良かったことは、 やはり「人はひとりでは生きていくのが大変だ」ということが分ったことです。 そして、家族の大切さがわかったということ。 実家にいたときは、親とけんかばかりしていましたが、一人暮らしを始めてからは、 休暇が終わって両親と別れるときは毎回泣いていました。 きっと親のほうが辛かったでしょう。ここで別れたら、また娘は一人の生活に戻るのですから。

私がひとり暮らしをやめて、結婚したときは両親はそれは安心していました。 結婚したときも、ひとりじゃないっていいな、と実感しました。 一人暮らしのころは、好きな時間に好きなことをして、友人を気兼ねなく呼んだりできて、 もちろん楽しかったですが、ひとりはやっぱり寂しいです。 でも、ほんの少しでも、一人暮らし経験があると、また色々なことが見えてきますよ。

引越しというひとり暮らしスタートのための儀式

ひとり暮らしを始めたのは大学入学がきっかけでした。 大学生とはいっても、まだ18歳(現役合格だったので)で世の中の仕組みも、 酸いも甘いも、右も左も分かっていないような年齢です。

食事を作ると言ってもラーメンと焼きそばくらい、掃除も洗濯もできるようなできないような。 ただただ不安なスタートでした。

引越し当日は朝イチで契約した部屋に移動し、 引越しの少ない荷物を部屋で待つという段取りでした。

朝9時くらいにアパートの新しい部屋に着いて、鍵を開けて、とりあえず手荷物をおいて。 部屋はあらかじめ掃除してくれてあったので、きれいなのですが、 荷物が全くないので当然ですがガランとしています。 あの時の「何もないなー」という感じは、ひとり暮らしも大学生活も、 まだ何も始まっていないゼロの状態と重なって、それはそれは不安だったのを覚えています。 残念ながら「始まるんだー」というポジティブ指向にはなれなかったのも覚えています。

1時間くらいたって、引越し業者さんがやってきて荷物の搬入が始まります。 できるだけ荷物は少なくしたので、ベッドと本棚とテーブル、 オーディオ類、ダンボールが10箱くらい。 引越し業者さんと書類のやり取りをしたり、家具を置く場所の確認をしたり。

慌ただしく、でもあっという間に引越しは終わって、残されたのは見慣れた自分のものたち。 ガランと広かった部屋も、荷物のせいで狭くなって見慣れた場所に感じられるようにもなりました。

そこでやっと「ひとり暮らし、大学生活が始まるんだなー」という感想です。 今振り返ると、あの引越しは気持ちを切り替える、 もしくはスタートするための一つの儀式だったのかもしれないなーと思ったりしています。